ロックスター(RockStar)|ケイスケ(山下啓介)|オフィシャルサイト

Earth was shakin', we stood and stared.
When it came no one was spared.
Still I hear "Burn!"

アクセスカウンター
【Welcom to RockStar!】 博多・横浜で活動する“ロックスター”ことケイスケ(KeisukeYamashita)のオフィシャルページです。

rightside

 

Rock★Star’s InformationKeisukeYamashita

初ワンマンライブ2019.4/6(sat)new

2019.4/6(sat)東京湯島 ファビュラスギターズ。

我が【5.5.5】Urban Rock Groovysの初ワンマンライブは無事終了した。

思えば去年のGW 5/5にフル・カヴァー曲のみで完全にイベント用に仕掛けただけのユニットだったこの【5.5.5】。

気がつけばライブごとにオリジナル曲を増やして行き、結成1年を待たずして二部構成にてワンマンショーを演れるバンドへと成長を遂げた。

そもそも長年に渡りプロの世界で凌ぎを削って活躍してきた百戦錬磨のメンバーが揃っているのだ。

演奏面では案ずる事はない。課題はSinger songする僕の力量であったはずだったが、思いのほか僕らが創作したオリジナル曲は耳の肥えたオーディエンスを含め業界関係者の方々からも高い評価を頂いている。

一部ではそんな【5.5.5】珠玉のオリジナルソングをフューチャーしての約1時間のステージ。

二部ではメンバー各々がメインボーカルを取り、それぞれのルーツ的なfavorite songをメドレーで。
ギタリストTsuyoshi .Oのソロアルバム収録曲であるインストルメンタル《Akatsuki》を披露。

AerosmithやFREE、久々のカヴァーソングも含め合計2時間にも及ぶROCK SHOWは幕を閉じた。

??555 (Five Five Five)
Rockstar keisuke: Vo,
Tsuyoshi.O: Gt,
Kazoo Sasaki: Gt,
Masahide Shibayama:Ba,
shu-ya: Dr


私Rock star Keisukeは【5.5.5】を中心に今後も活動の場を貪欲に広げて行きたいと思っています。会場にいらした際には是非お声がけをお願いします。

全員にビール一杯は奢れませんがもれなくハグします

A Tribute to LED ZEPPELIN #I
YOKOHAMA Club sensation

2019/04/27 (sat)
18:30 open/19:00 start door¥2,500 2drink¥1,000

満園英二(dr.from Wild Flag)、michiaki(b.from Ra:IN)、Tsuyoshi O(g.)、Keisuke Yamashita(Vo.from Five Five Five)/

Black Hindenburg :Vo: Kazuhiro Okimura、 G: Hideaki Igusa、 B: Atsushi Kita、 Dr: Takahide Fujii、 KB: Chitose Fukuoka/ Chotto Zeppelin
https://clubsensation.jp/schedule/
ご存知Led Zeppelinのトリビュートナイト。5年ぶりにロバート・プラントの魂を私の身体に降臨させます(存命中だが)。
これまたメンバーが半端なく強力なのでZepファンならずとも必見ですゾ♪

ROCK on WOOD festival2019

2019 /05/05(sun)
Pm12:00〜18:00

アコースティックユニット【3.3.3】にて出演。
Rockstar keisuke: Vo, Gt
Kazoo Sasaki: Gt,
Masahide Shibayama:Ba,

http://2ndcafe.yokohama/maruta/

横浜青葉台のセカンドカフェが毎年主催するRock festival。
今回は地元開催という事でかなり規模を縮小してのフェス。

【5.5.5】から3人が飛び出し近所迷惑顧みずお送りするアコースティックセットにご期待下さい??
Schedule « [横浜・ライブハウス]The CLUB SENSATION
ロック・ウェブマガジン『BEEAST』で日本一のライヴ会場を決めるライヴハウス・グランプリ
https://clubsensation.jp/

【5.5.5】2018.9/20 ライブリポート2018.9/27 更新

今回我ら【5.5.5】が三度目のROCK SHOWを演じるのに選んだのは5月5日にデビューライブを行った場所 《巣鴨 獅子王》だ。

SNS中毒に侵され周りを見失った女の事を歌った新曲《That's Nothing You》を披露。

お馴染みのカバーソング5.5.5バージョンとオリジナルソング、即興のBluesではギターのTsuyoshi.Oがシブい歌声を聴かせてくれた。

今回はこの日のライブを特別にダイジェスト版でお送りするので是非その臨場感を少しだけ味わって欲しい。

関東圏が台風のような嵐に覆われ 、さらに午後9時からという遅い時間からの出演にも関わらず足を運んでくれたオーディエンスの方々には感謝しかない。

原点に帰るという意味でも一度のライブごとに一曲新曲を披露するという場面においても意義のあるステージだった。

次回【5.5.5】ROCK SHOWは
12/2(Sun) YOKOHAMA Club sensationにて。

Urban Rock Groovyを体感せよ☆彡


【5.5.5】2018/8/5 ライブリポート2018.8/14 更新

横浜が生んだ伝説のバンドTENSAW。
そのベーシストでプロデューサーでもあるMichiakiさんがオーナーの老舗ライブハウス《Club sensation》。

実は20数年前、僕が音楽業界に居たころMichiakiさんにはとても可愛がってもらい、ここがまだ《Live house Guppy》だった頃Kamihitoeというバンドでレギュラー出演させて頂いていたという想い出の場所なのだ。

つまり今回のライブは自分にとってもノスタルジックな思いと原点回帰という意味でも特別なライブだったというワケだ。

【5.5.5】にとっても横浜初進出(といっても2度目のライブだが)である上、初のオリジナル曲披露という初めて尽くしのパフォーマンスだったが そこは自己共に認める最強メンバー、なんなく最高の演奏で締めくくってくれた。

ライブ中に繰り広げられるアドリブ合戦のフリータイムはメンバーである自分でさえ歌い出しを忘れて聴き惚れるほどだ。

そして今後ここ《Club sensation》にてマンスリーライブのオファーも受けひとまずは次のステップに向かって行こうと思う。

集まってくれた皆さんにも本当に感謝。

またここ《Club sensation》で会いましょう??

◆次回ライブ予定◆

9/20(Tue)巣鴨 Live house
獅子王
http://sugamo-cco.com/

10/7(sun)溝の口劇場
【3.3.3infinity】
https://www.mizogeki.com/

12/2(sun) 横浜 Club sensation
http://sensation-jp.com/


【555】Debut Live mission Completion2018/5/7 更新

昨日の巣鴨ライブハウス獅子王で行われた我々【555】の1st LIVEは好評・盛況のうち幕を下ろした。

久しぶりのソリッドかつ劇的な音の洪水の中で溺れて行くうちに足のつま先にまでROCKの血が流れて行った。

僕が求めるモノはこれなのだ。

ともすればこの演者たちか醸し出す演奏をステージの1番近いところでダイレクトに感じられる幸せ者として。

普段から音楽は別としてバンドというのは相乗効果や化学反応が起きてこそ面白いし凄いと思っている。

そこには個人の持つスキルやモチベーションが必須となり誰彼構わずおいそれと体感する事は出来ない。

偉そうに言わせてもらうと演者が楽しんでオーディエンスにそこまで観せて楽しんでもらう事が出来たらもうそれでお腹一杯な訳なのだ。

※"555"/
Rockstar keisuke: Vo,
Tsuyoshi.O: Gt,
Kazoo Sasaki: Gr,
Masahide Shibayama:Ba,
shu-ya: Dr

このメンバーならそれが可能だと真に感じた1日だった。

555 555


555 Live information2018/5/5(土) 【=ROCK EXALTATION=】Place/巣鴨 "獅子王 new

本気で歌える。
いつも本気だが何処か手を抜いている自分がいる。

力を加減するとかそういう事でなく多分リラックスの部分だと思う。

何かしらのマージンを持つことはとても大事な事でそれが余力となりいざという時に放出出来たりする。

だけど今回はそうはいかない。

自称ロックスターの僕とは違う本物のロックスターと共演しているギターのTsuyoshiさんをはじめ正真正銘のプロ集団である。

本気で歌わなきゃならない。
マージンは残せない。

《555》はそんなバンドだ。

★5/5(土)
【=ROCK EXALTATION=】
Place/巣鴨 "獅子王"
http://sugamo-cco.com/index.php
open/16:30
start/17:00
music charge/adv&door=¥2,500-(+要1 drink order)
w/Tangerine / Hairspray Psyche / Ferric Sulfide / OWLS

※"555"/
Rockstar keisuke: Vo,
Tsuyoshi.O: Gt,
Kazoo Sasaki: Gr,
Masahide Shibayama:Ba,
shu-ya: Dr


なんと映画出演!秋原北胤監督 《おけちみゃく》 new

この度御縁があって映画に出る事になった。
Vシネマじゃなくちゃんと劇場映画!。 しかも時代劇(笑)。

秋原北胤監督 《おけちみゃく》
主演 和泉元彌 綾田 俊樹 ベンガル (東京乾電池) 中根仁。

元々は秋原監督の前作《レフトフライ》に我々の呑み友達である中根仁氏(元DNAベイスターズ)が出演されたのがキッカケでトントン拍子に事の運びとなった。

本作は江戸時代を背景に地獄に堕ちた者たちが繰り広げる痛快コメディータッチに仕上がっている。

まだ撮影が終わったばかりでどういう風に仕上がっているのか、我々素人俳優たちの殺陣のシーンがどう活かされているのかは分からないがきっと迫真の演技に仕上がっていると思われる。

公開日その他詳細は分かり次第追って更新したいと思うので是非ともチェックしてもらいたい。


SHOCKラストライブ in Logos2016/8/19更新

Hello Baby。

まずは8月14日 のLogos でのSHOCKラストライブのレポートでもしようか。

何はさておき、この日集まってくれた30年前の少年・少女達に心から感謝。

お陰で僕も30年前のあの日に戻って髪をおっ立ててステージにおっ立った。

オリジナルメンバーが1人欠けてプラスα1人増えたSHOCKは本当の意味でのSHOCKではないのかも知れない。

それでも僕が創ったSHOCKの曲を僕が歌い演奏すればそれはたぶんSHOCKなのだと思った。

たった2年でSHOCKが解散した本当の理由はベーシストのヒロが家庭の事情で脱退せざるを得ない状況となった時に《このメンバーの誰か1人でも欠けたらSHOCKは出来ない》が理由だった。

30年経ってそのヒロがこの場に居て前述の言葉を述べたギタリストMr.乱丸が居ないのには感慨深いモノがあった。

全ては時の流れなのだと想いもひとしおライブは始まった。

アンコールを含めて全9曲。

途中酸欠状態でフラフラになりながらも全力で駆け抜けた約1時間だった。

こうして僕の博多での最後のライブ、最後のSHOCKは終わった。

《SHOCK 2016 Last Live》。

これにて終結。

あとこの日の主催であるにも関わらず大トリの座を譲りあけてくれた《IMPERIAL GUARDS》にもいささかの感謝の念を込めて。

我々SHOCKと同時期にバンド活動を始め未だ現役で演っている骨太のHeavyRockバンドである。

今や博多のメタリカと言っても過言ではない重厚かつメロディアスなサウンドはその手が好きな方々には必見必須ですゾ。

http://tonnysixx.wixsite.com/imperial-guards-jp


SHOCK 2016 《Last Shock》

そしてSHOCK。
80年代初頭、博多ヘビーメタル界を席巻したと云われるSHOCK。

元々デスパーソンというバンドとヘビームーンというバンドのイケてるギター&ベースとボーカル&ドラムが『これならルックス的に死角は無かろう』と安易な理由で結成したバンドだった。

ところがこの4人の融合した化学反応は凄かった。

あっという間に博多の伝説的なヘビーメタルバンドに成長したのだがわずか2年間の活動の後解散。

あれから30年という月日が過ぎた。

今回ギタリストに元デスパーソンの大島次郎、エーベックスにも所属したスタジオミュージシャンの山尾誠のツインリードでダイナミクスをプラスした2016バージョンで復活。

もちろんドラムスは努力しない天才 伊佐真。

ベースは病魔と闘う中間管理職、当日SHOCKの影の風紀員長&実質的リーダーと云われた原賀雅宏。

今回は皆さん御存知の有名曲からマニアックな珍曲まで余すところ無く披露いたします。

僕にとって最後のSHOCKをご堪能あれ。

SHOCK 2016
《Last Shock》
8月14日(san)

Drum Logos

pm6:00